すーすー茶の入れ方とポイント

すーすー茶をいれる手順を説明します。

その前にポイントがいくつかありますので、確認しておきましょう。

  • 煮出す時間はきっかり5分
  • 水の量は500ml
  • 分けて飲むのでペットボトルなどの容器を準備

では、写真もとったので順番に説明します。

すーすー茶の入れ方

やかんでいれるのも、沸騰させやすいですし楽なんですが、見た目わかりやすく鍋でやってみます。

1.お湯を沸騰させる

強火でお湯をゴポゴポいうまで沸騰させます。

2.すーすー茶のパックを入れる

すーすー茶いれる1

火を弱火にします。写真だと沸騰わかりにくいですね、早すぎたかも。

ティーパックをいれたら、キッチンタイマーで5分開始させます。最初にも書きましたが、煮出す時間がながすぎると、どんどん渋みがでるので計っていれましょう。

沸騰しているのでゴポゴポしてティーパックがよく動きますが、最初にぐっと菜箸とかで沈めています。

すーすー茶いれる2

すこし経つと、色が徐々にでてきます。甘い匂いもしてきます。

すーすー茶いれる3

5分経過でこんな感じの色です。

3.火を止めます。

すーすー茶いれる4

これで煮出す作業は終わりです。

かなりしっかりと色がでてますし、甘い感じの甜茶からくる匂いがします。すこし冷ましておきます。

すーすー茶いれる5

湯呑にいれるとこんな感じです。

色は常備している麦茶よりすこし濃いくらいです。紛らわしいかも?と思いましたが、独特の風味があるので、間違って飲んだりはしたことはないですね。

水出しは6分、でも煮出すほうがオススメ

マグカップなどでティーパックをいれたまま、煮出すより長い6分で水出しもできるのですが、成分の抽出が弱いし、渋みは弱い気がするのですが、効果も公式で弱いとされていますから、オススメできません。

飲みやすさという点では、温かいと独特の風味が強く感じられるので苦手というひともいるようです。冷やすとかなり風味が弱まりますから、気になるようであればオススメです。手間ではありますが、煮出したものを冷まして、冷蔵庫で冷やすと良いです。