10月は衣替えが要注意な人もいます

秋冬衣替え

10月で、ブタクサのシーズンは終わりです。
スギ花粉がすこし飛んできはじめますが、まだ大半のひとにはあまり強く影響がないので、平和に過ごせる時期ですね。

そんな10月ですが、そろそろ涼しくなってきます。こうなると、仕舞い込んでいた秋物、冬物の準備で入れ替えなどをするのではないでしょうか?

この「衣替え」が、ハウスダストにアトピーをもっていたりと過敏な人には、鼻水やくしゃみの原因になります。

私はハウスダストは本当にダメなアトピー性症状がありますから、マスクして入れ替えやるような有様で、洗濯だったりクリーニングだったりが大変です。

皆さんにお願い

ハウスダストで症状がでない大半なかたは、選択してしまったのでそのまま秋物、冬物を着始めたりそのままタンスにしまうかと思います。

そうすると、満員電車などで私みたいな過敏に反応するひとにとっては、しんどい状態になってりもします。できれば、洗うまでしなくても、表面をはらったりして、しまったり着たりしてくださると助かるかな、と考えています。

現在はまったく平気でも、ハウスダストが多い環境が続いたりすると、症状が発生するかもしれませんし、気を付けていただけたら嬉しいです。

※個人的な考えです。

鼻づまりの悪循環を回避したい

鼻づまりの悪循環

鼻づまりは放っておくとドンドンひどくなります。

鼻水で口呼吸になりドライマウスになったり、鼻水が喉のほうに落ちていくと更に喉の奥に細菌などで環境が悪化していきます。

鼻の中も炎症がひどくなり、かゆみなどが発生します。

鼻をかむので、鼻の周りのあたりが肌荒れしていくのでこちらも炎症になったり、保水力が下がっていったり、と肌荒れにもつながります。肌は一度荒れてしまうと、そこがきになってかいたり、いじったりで悪化したり、ひろがったり。

書いていてイヤになることばかりですが、鼻づまりはこれだけ悪循環で悪くなっていく要素だらけです。

こういった悪循環にならないためには、はやい対策が必要ですので、花粉にハウスダストというった自分の原因を把握する必要があります。この10月のような気温の変化で体調を崩したりというタイミングも要注意です。

もう1つのポイントはどういった対策をとるか?です。

花粉シーズン前に漢方薬を飲み始めて準備しておくと、ぐっと楽になった!という感想もまわりで聞くのですが、私はアトピー対策でもそうでしたが漢方薬はあまり効果を体感できたことがないです。反応が強すぎるせいかもしれません。

そんな私が現在、対策として使っているのは「すーすー茶」です。

正直、鼻づまりの原因も本当に様々すぎるし、体質などで効果がどうあるかも人それぞれです。

ですが、すくなくともわたしは効果を体感できていますので、もし、なにか対策を探しているのであれば、試してみてると良いと思います。

えぞ式すーすー茶を公式で最安値購入はこちら