すーすー茶の甘さはどれくらい?

すーすー茶甘すぎ?

「甘さ」というのは、すーすー茶の特徴の1つです。

口コミなどでも多くあがる、この「甘さ」について調べてみました。

すーすー茶の「甘さ」メリット

  • 甘いから子供が飲んでくれる
  • 苦い薬が苦手なひとには好評化

甘い紅茶のような感じ、という感想の口コミが多いようです。

ペットボトルの甘い紅茶が近い、という口コミもありました。たしかに言われてみるとこんな感じの甘さだったかも(最近あまり飲んでいません、1年くらい?)かなり甘いし、なんとなく特徴的なクセがあったような。

たしかに、すーすー茶も甜茶の甘味が主ですが、すこし砂糖の甘味とは違った風味があるように思います。

正直、わたしには「甘すぎ」ます。

でも、私としては「鼻づまり対策として飲む」という目的ありきで、薬の代わりみたいなものなので、飲めない!というほどにまずいとかではないので、楽なものです。

昔試していた漢方薬は苦行でした・・・苦いうえに量が多い粉薬は大変でした。

それに比べても、他の飲み薬とくらべてもちょっと甘いくらい楽なものです。

口コミで飲めたものじゃない!という人は、飲み物、お茶なので楽しむためのソフトドリンクみたいなものと勘違いしているのでは?と思います。

子供だと、「イヤだ!」となっちゃうと難しいかなー、とは思いますが。

甘いとカロリーとかが気になりますが、すーすー茶は煮出した場合100gあたり1kcalと低カロリー、糖質ゼロなので心配いりません。ダイエット中でもOK。

すーすー茶の「甘さ」デメリット

私もすーすー茶の甘さは、甘すぎて得意ではないですが、それ以上に「まずい!」と書いている人もいるので、あわない人もいるのかもしれません。味覚はかんり人により様々ですからね・・・